FC2ブログ

埼玉西武ライオンズ 2019年チケット概要予習会場

 はい、本年一発目のブログでございます。一応言っときますかね。みなさま、明けましておめでとうございます。まあ一応ね。

 さて、ここ数日、2019年メットライフドームプロ野球公式戦のチケットや座席についての情報が球団から続々とリリースされております。

 今回は、かなり大きな変更点が見られ、ファンの間でも驚きや戸惑い、賛否の声が飛び交っているようです。ここでざっと情報を列挙してみましょう。


① ライオンズファンクラブ(FC)会員以外が、メットライフドームのチケットセンターやライオンズストアでのチケット購入、引き取りの際には、「埼玉西武ライオンズチケット会員」への入会が必須

② ライオンズオンラインチケットショップ限定で、試合開始2時間後まで当日チケットを前売価格で購入可能

③ 一部席種の名称が、頭に「ライオンズ」と付く。外野全席指定席化。


 ①から見ていきましょう。これはTHE 転売対策ですね。昨年のCSでも転売が確認できた80名への入場拒否や、FC会員の退会措置等、断固とした対応を講じたライオンズ。今年はFC会員以外の人は、身分証明書を提示してチケット会員にならなければ、球場チケット売り場及びライオンズストアの利用ができません。

 昨年のアレがあった上での今年のコレですので、必ずや己の身分を現さねばならないこの新制度、相応の転売抑止効果を期待できるかと思います。

 ただ、ローチケみたいなプレイガイドはどうするの? との疑問も散見されております。球団とプレイガイド、チケット取り扱いの比率が解らないのでなんとも言えませんが、転売絶滅は無理だけど、大きな減少は期待できる、という考え方なのではないかと、個人的には思っています。まあ、どうなのでしょうね。

 108円かかっていたQuick Ticketの手数料がなくなったり、ライオンズストアでの発券が復活してたりと、何気に朗報が混ざっています。


 ②は、文句なくお得な改正。2時間『前』じゃないですからね? 2時間『後』ですからね?

 18時プレイボールだったら、20時までにネットで予約すれば前売り料金でチケットが買えるというわけです。2019年は、「前売」という概念が平成の元号とともに終了した年として、未来永劫ライオンズファンの記憶に残ることでしょう。

 ③ですが、内野指定席A、Bの全てと、三塁側Cの名称が、「ライオンズ内野指定席A(B、C)」に改称されるとのこと。これはつまり、ライオンズファンはどんどん一塁側に来い、という球団からのメッセージですよ。当然、レオやライナやブルーレジェンズも一塁側スタンドに来てくれるんだろうね?

 そして、全外野席指定席化。これと応援に関する新規約が、一番ファンを騒がせた変更点かと思います。しかし、内野派の自分にとっては、最も実情や経緯に疎い問題でもあります。

 ということで、ことの詳細に関してぼくから述べられる事はありませんが、外野派の知り合いは「アイツラノセイデ!」と、怒り心頭で謎の呪文を唱えておりました。



 他球団で発生したトラブルを他山の石とせず、本当に球場に来たいと望むファンのため、前向きに解決に取り組む姿勢は評価したいと思います。とはいえ、手続きの煩雑化が観客動員にどう影響を与えるか、現段階ではなんとも解りません。

 初めて球場のチケットセンターを利用する人が何人もいる場合、都度入会手続きを行っていたら、なかなか発券できないのではないか。

 ジュニア会員も、基本的に本人がチケットを受け取らなければならないため、混雑に拍車がかかるのではないか。夏場など、子供を長時間直射日光の下で待たせるようようなことになるのではないか。

 そもそも、新制度の周知の徹底が難しいのではないか。情報を知らないまま、身分証明書を持たずに球場に来る人も多いのではないか。

 まだ他にも様々なトラブルが予想できるかと思います。

 さらに、プレイガイドを使った転売への対策や、急に試合に行けなくなった人のためのリセールなどの救済策といった課題もあります。が、ともあれライオンズは己の理想向かって大きく舵を切りました。その行き着く先が、多くの人にとって幸いであることを願って止みません。



 個人的にはですね、シーズンチケット買っちゃったんで、ソールドアウトで試合が見れない! って心配はないんですけどね。オーナーですよ、オーナー。登り詰めたなあ!
スポンサーサイト

2018年 埼玉西武ライオンズ及び浮間六太総括会議

 みなさん、こんにちは。2018年も今日で終わりですね。本年もお世話になりました。
 さて、去り行く今年を振り返ってみれば、今シーズンの埼玉西武ライオンズは超絶強力ダイナミックダイナマイト山賊打線で、見事リーグ優勝を果たしました。ペナントレースにおいて、一度たりとも首位の座を譲ることなく、打って打って打たれて打って、打撃だけで掴んだと言っても過言ではないこの栄冠。嬉しかったなあ。だって10年ぶりの優勝だもの。10年って、小学四年生だった子供が大学二年生に成長する年月ですよ? ちなみにぼくは二浪でしたが。
 そんなパ・リーグを制したライオンズも、CSでは仇敵ソフトバンクの前に無念の敗退。そして、浅村と銀仁朗のFA流出と、未だ決定はしていないものの、雄星のメジャー挑戦。雄星は規定路線だし、出番激減の銀仁朗には十分同情の余地があるものの、浅村の移籍はなんなんでしょう。今でもまったく釈然としておりません。

 そんなこんなで、ライオンズは人生楽ありゃ苦もあるさな一年でしたが、ぼく個人としは本を出すという大きな出来事があった年でした。7月に出版社から、ライターをしている「所沢なび」経由で話をもらった時は驚きましたが、今は編集者もネットでライターを探す時代なんだそうですよ。なるほどねぇ。ブログなんかも書いてみるもんですな。

 本以外にも、所沢なびの記者としてライオンズの優勝パレードの取材をしました。一ファンから「フェンスのあちら側」に一歩足を踏み入れた瞬間だったように思います。これが一歩で留まるのか、二歩三歩と進んで行けるのか、2019年は自分にとって勝負どころだと言えそうです。とはいえ、何をどう頑張ればいいのか、よく解らないのが実情だったり。とりあえず、当ブログ読者の皆様におかれましては、拙著「ライオンズファン解体新書~南国の怪童トバシーサー山川~」を購入などしていただければ嬉しいな、と。買ってくれたら、球場で会えた時にはサインもしますしビールぐらい奢りますぜ。

 では、来年もよろしくお願いします。2019年こそはライオンズに日本シリーズ優勝をしてほしいですね。日本一になったら、みなさんにビールぐらい奢りますぜ。

初めての著書が出版されます

 実はわたくし、このたび本を出すことになりました。いやいや、仕事そっちのけで毎日のように野球を観てるだけで本が出せちゃうんですからねえ。世の中ちょろい解らないもんです。
 最初に出版元であるTOブックスさんから「丸々一冊、本を書かないか」とお話を頂いた時には「いやいや、ズブの素人がそんなの書けるわけないだろ」と思いました。でも、まああれですね、書けちゃうもんですね。あー、びっくりした。遠征中も、試合の時以外はほとんど原稿を書いてましたけどね。今年のお盆前、京セラドーム隣のイオンモールのフードコートで、ずーっと粘ってた客、あれぼくですわ。えろすんまへんでした。

 内容的には、いわゆる「あるある本」です。ライオンズに関するネタ、疑問、雑学、ウンチク、豆知識等々、持てる知識を頑張って詰め込んでみました。しかし、ぼくは内野派なので、応援団のことはほとんど触れていませんし、アルコールが苦手なためビールの売り子さんのことは全く書いていません。飽くまで「同じライオンズファンでも、こんなこと考えてるやつもいるんだな」くらいの気持ちで、おおらかに見守っていただければ嬉しく思います。おおらかに見守りつつ、本を買ってくれると、さらに嬉しく思います。一人で2、3冊買ってくれたら最高です。よろしく!




ライオンズファン解体新書~南国の怪童トバシーサー山川~
発売日  :2018年12月25日
定価   : 1,000円(税抜)
発行元  : TOブックス
著    :浮間六太
画    :コダイラショウヘイ


 ちなみに、本の中で山川を「きれいなジャイアン」と書いたら、イラストのコダイラショウヘイさんが、山川を本当に「きれい」に描いてくれました。プロってすごいなあ!

本日のスタジアムグルメ 2018-110

金粉入り狭山茶





 本編でも触れた通り、狙っていたシュリンプライスを断念してしまったため、結局この日のメットライフドームで口にしたグルメはこの金粉入り狭山茶のみ。味は、いつものより濃いめでした。
 東京オリンピックのメダルを家電リサイクル品などから必死に集めている一方、所沢では金箔を飲んじゃってるのであった。

LIONS THANKS FESTA 2018

 これはしまった。





 これが最後だと思ったから、うっかり稼頭央のシュリンプライスの列に並んじゃったのが運のつき。2時間たってようやっと半分しか進まず、これじゃあイベントに間に合わんとやむなく離脱。
 結局、稼頭央と外崎、若手数名の画像が撮れた以外、収穫もなく時間を無駄に過ごしてしまいました。









 稼頭央、どんだけ真剣やねん。

 そして慌てて向かったのがこちら、新しい室な愛練習場と選手寮の建築現場。







 そして、新グッズ店舗。



 建設は着々と進行してますなあ! いやあ、壮観壮観。

 そして、優勝展示会。







 フラッグ大きいなあ。来年は、日本シリーズ優勝フラッグが見たいですね。

 いろいろあって、浅村の挨拶も、田パンプの『U.S.A』もすっかり見逃し、球場入りしたのは今季で引退する選手のセレモニーの最中。









 藤原も坂田も期待していた選手だっただけに、なんとも残念。稼頭央は、もう選手生命全うですね。惜しむ気持ちはあるけれど、ここまでやれたら本人も本懐ではないでしょうか。

 そして、来季使用のサードユニ発表。



 アンシンメトリーな寒色グラデーション。胸には「Seibu」の文字。個人的には、獅子風流ユニをサードユニにしてほしかったので、この新ユニはちょっと微妙。でも、来年圧倒的強さで優勝したりすると、このユニもきっと強く見えてくるはず。

 というわけで、個人的にはもう一つ楽しみ損ねてしまったファン感でしたが、パレードが楽しかったからいいや。
 ちなみに、パレードの模様は所沢なびで記事を書かせてもらいました。近日中に掲載の予定なので、アップロードの際にはご覧いただければ。