ライオンズは今週もニュースがいろいろありました

 今週はライオンズに関する大きなニュースが続きました。順に取り上げてまいりますね。

野上FA宣言
 13日(月)、野上亮磨投手がFA権の行使を宣言。今年11勝した投手に出ていかれるのはとてもつらい。でもさあ野上君、DeNAに行ってもあの狭いハマスタじゃあボッコボコよ? 奥様の胎教のためにもしばらくは環境を変えないほうがいいんじゃないの?
 しかしながら、牧田銀仁朗野上と流出可能性の低からぬ3名のうち銀仁朗が残ってくれただけでも正直ありがたいと感じてる自分もおります。銀ちゃんどうもありがとう。


40周年記念事業
 15日(水)には埼玉西武ライオンズ40周年記念事業計画が発表。もう野上のFAなんてぶっ飛んじゃうくらいの熱い計画。
 3年がかりの180億円プロジェクトって本当の本気ですね。ハード面のみならず情報分析等ソフト面での充実を図っている点も見逃せない。ライオンズクラシックでの04-08ホームユニ復刻も胸熱。後藤オーナーが一気に株を上げた感があります。
 あとはFA流出を防ぐ交渉スキルの確立と、「屋内環境を充実させ、暑さから回避できる環境を提供」と、現段階では根本的な解決の見込みがなさそうな暑さ対策をしっかり実行してくだされば。あと寒さ対策も。


アジアプロ野球CS 日本VS韓国戦でライオンズ勢大活躍
 16日(木)より東京ドーム開催されている、日本、韓国、台湾の24歳以下もしくは入団3年以内のプロ野球選手による代表戦であるアジアプロ野球チャンピオンシップ2017。ライオンズからはオーバーエイジ枠の山川を含む6名もの若手選手が選出されました。
 そのライオンズの各選手、山川2安打1本塁打2打点、外崎1安打、源田1四球に好走塁で先制得点、多和田野田無失点と大活躍。
 試合も8x-7のサヨナラ勝ちを収めたものの、ライオンズ打撃陣は決定機をものにすることができず最後の最後でホークス上林とロッテ田村にいいところを持ってかれてしまったのが残念。そういうとこよ、諸君。そのいざって時の勝負弱さ!


松井稼頭央、15シーズンぶりにライオンズ復帰
 17日(金)、03年にメジャー移籍でライオンズを後にした松井稼頭央がコーチ兼任選手としてライオンズ復帰することが発表されました。
 全盛期はもう本当に走攻守素晴らしく華があって実にかっこよかった。今までのライオンズ、というかプロ野球のイメージを変えたと言っても過言ではない存在でした。せめてカブレラの登場がもっと早かったらライオンズは稼頭央在籍時も黄金期と変わらぬ強さのままだったかもしれません。あと和田の覚醒もちょっとだけ早かったら。それと垣内が覚醒してくれてたら。うーんこのたられば劇場。
 「小さくていいから最後に一花」と本人も言うように戦力としては大きな期待はしにくいと思いますが、ライオンズクラシックでユニフォームを買ったら背番号は絶対7にします。っていうかみんな7にしそう。ライオンズのグッズ担当者さーん、7のワッペンを大量発注しておいてー。


おまけ
【ハイグレード会員 入会記念品】レオクロック(目覚まし時計)の音声決定!
 ハイグレード会員特典の目覚まし時計のボイスが、クリ様と雄星、そして球場ウグイス嬢に決まったとのニュース
 ウグイス嬢って、あの杉谷いじりで有名な鈴木あずささんでしょうか。あんな感じで毎朝鈴木さんに起こしてもらえるのかと思うと興奮して眠れませんわ。
スポンサーサイト

ファンクラブ受け付けくるよ

 他球団から大分遅れをとりつつもライオンズ2018年ファンクラブ募集要項が発表されました。
 種別はハイグレード、レギュラーA、レギュラーB、ジュニアの4種類。
 ハイグレード会員のみの入会記念品はウィンドブレーカーと2Wayリュックにレオクロックというお馴染みのラインナップ。
 …レオクロック? いつものジャケット&バッグにしれっと目覚まし時計が紛れ込んでるじゃありませんか。確かにもう何年も同じようなグッズばかりで食傷気味だったものの、パーカーやリュックにいきなり目覚まし時計を加えるとはずいぶんな発想の飛躍です。しかも選手の声で起こしてくれるそうですよ? こんなの用意されたら選ばないわけにはいきません。
 え? 「音声の内容は決まり次第、オフィシャルウェブサイトでお知らせいたします」? あっそう。

 ハイグレードの記念品サブカテゴリーにしてレギュラーAのメインメニューはタオル、ポシェット、ショルダーバッグ、ホームユニ、シャンプーボトルセット。ハイグレード会員はその気になればバッグを2種類ゲットできるわけですね。ホームユニはマジェスティック製とのこと。もう現行ユニは複数枚持っているので個人的には選択しませんが、以前配布されたものとのクオリティーの違いは気になります。
 このカテゴリーでのサプライズ枠はシャンプーボトル。タオルといい目覚まし時計といいシャンプーボトルといい、なぜかライオンズがぐいぐいファンの生活に入り込んできております。そういえば先日はライオンズタンスも発売されていましたね。さすがのぼくもよう手を出しませなんだ。ちなみにレギュラーBだとショルダーバッグとシャンプーボトルは選べません。

 ハイグレードとレギュラーAに2枚、レギュラーBに1枚、内野指定席引換券が付いてくるのは従来通り。しかし、これまで球場のチケット売り場かライオンズストアでしかできなかった引き換えが来年はネットでも可能とのこと。利便性がぐっと高まりますね。ただし、ネットでの引き換えが利用できるのは2018年分の入会をWebで申し込みし、かつその際にネット引き換えの希望を申告した人のみ。まあWeb入会は100ポイント貰えるし、こりゃもう鴨がネギしょって来たようなもんですね。あれ、以前は500ポイント貰えたような…。

 ハイグレード特典にはさらに「4・5月チケット半額クーポン」(枚数不明)、「オリジナル会員証ステッカー」(デザイン未定)、早期入会特典DVDのコンテンツに源田特集が追加と、詳細不明な部分が多く若干不安ながらもメリット盛りだくさん。球団側が我々に年会費1万円を払わせたくてうずうずしているのが手に取るように判ります。
 ともあれ入会受付の開始は11/16から。早期特典狙いもよし、記念品の実物を見てから決めるもよし。お好きな方法でお好きな種別にご入会ください。「入会しない」とかいうのは無しな。
 

来年の日程きたよ

 また今年も主力選手がFA流出するのではと怯えながら毎日を過ごしているすべてのライオンズファンのみなさん、御無沙汰しております。牧田はFAじゃなくてポスティングだからセーフ! なんて思い始めたらもう末期症状ですよ? なんの?

 ところでみなさん、来年の公式戦の日程はもうチェックされましたでしょうか。遠征組にとって日程の発表は心踊るイベントであります。今回は来年のライオンズの公式戦日程について、主に遠征組目線から気になったポイントをサクッと拾ってまいりましょう。

 まずは開幕戦。ライオンズ屈辱のビジター開幕3ヶ年の2年目にあたる2018年開幕戦は3月30日(金)、今年と同じく札幌ドームでの日ハム戦。この時期現地の人は薄い上着を羽織っただけで平然と外出していますが、彼らに騙されて軽装で札幌入りすると凍死します。埼玉基準でいうところの真冬の格好で出向くと死ななくて吉。
 北海道といえば、来年は北海道地方開催の当たり年。7/5(木)は函館で、9/4(火)、5(水)は旭川でそれぞれ日ハム主催試合が開催されます。函館は1日だけだと遠征もしずらいので、翌日からの仙台での楽天3連戦と組み合わせてみたいところ。

 北から一転南に目を転じると、来年は北九州でのソフトバンク戦が4/24(火)と7/18(水)の2試合も。どっちか一つ、鹿児島か熊本にしてほしかった。

 交流戦はカープ以外のビジターがDeNAと巨人なので、遠征は広島一択。しかし連戦初戦にして交流戦初戦である5/29(火)は個人的に前回遠征しそびれた三次なので楽しみ。

 ここまでビジターばかり取り上げてきましたが、そろそろホームゲームのほうも眺めてみましょう。まずライオンズファンが気になるホーム開幕戦は4/3(火)ですが、来年のスケジュールでもっとも目を引くのはホーム開幕戦から2週間後の4/17(火)のライオンズ主催の東京ドームでの日ハム戦でしょう。今年の沖縄開催は素晴らしいサプライズでしたが、東京ドーム開催もなかなかのサプライズ。良し悪しはともかく。なんでライオンズが東京ドームなん?
 ちなみに5/15(火)、16(水)には同じく東京ドームで、今度は日ハム主催のライオンズ戦が行われます。チケット購入の際のホームビジター判断を誤る人がたくさん出そう。自分も間違えないようにしないと。
 ライオンズ主催の他の地方開催は、安定の大宮3試合と恒例になりつつある前橋1試合。ひょっとしてと期待していた台湾はなし。ちぇっ。

 まあざっとこんなところでしょうか。地方開催はできれば全部行きたいなあ。でも費用と休みを考えたらそうそう全部行けるわけないよなあ。と言いつつなんやかんやで結局行ってる気もするなあ。などど想像するだけでも楽しめるのが日程発表の醍醐味ですね。ちょっとだけFAのことも忘れられるしさ…。

2017年観戦成績

 2017年のライオンズの戦いもこれにて終了ということで、今年も観戦成績でシーズンを締め括りたいと思います。

 本年度は
93試合57勝34敗2分
ホーム 61試合37勝24敗
ビジター 32試合20勝10敗2分
 という成績でした。

 ちなみに昨年は
91試合39勝51敗1分
ホーム 63試合30勝33敗
ビジター 28試合9勝18敗1分

 特にビジター成績が劇的に向上しております。

 対戦チーム別成績は
H 12試合 7-5(H7-3 V0-2)
E 18試合 12-5-1(H8-4 V4-1-1)
Bs 18試合 10-8(H6-5 V4-3)
F 16試合 11-5(H7-3 V4-2)
M 18試合 11-7(H5-6 V6-1)
C 3試合 1-2(H1-2 V-)
DB 2試合 1-1(H1-1 V-)
G 2試合 2-0(H2-0 V-)
D 2試合 1-1(H- V1-1)
S 2試合 1-0-1(H- V1-0-1)

 今年は阪神戦のみ観戦できませんでした。ペナントレースに先駆け交流戦の日程が発表された時には大阪~名古屋の遠征計画を立てていたのですが、交流戦のすぐ直後に沖縄開催が設定されてしまったため、そんな短期間で2つも大型遠征は無理ということで甲子園は泣く泣く断念。それでもナゴヤドームは行っちゃいましたが。
 実際は負け越したソフトバンク、オリックスにも個人的には勝ち越しています。ロッテ相手にホーム負け越しは意外。最終カード3連敗が効いてますね。逆にZOZOマリンでは大きく勝ち越しです。

 訪問球場は
メットライフドーム 56
ZOZOマリンスタジアム 7
Koboパーク宮城 6
京セラドーム大阪 5
札幌ドーム 4
県営大宮野球場 3
ほっともっとフィールド神戸 2
東京ドーム 2
ナゴヤドーム 2
神宮球場 2
ヤフオクドーム 2
敷島球場 1
沖縄セルラースタジアム那覇 1

 メットライフドームは56試合観戦ですが、大宮前橋沖縄と地方開催を合わせるとホームゲームは61試合になります。見逃した試合が10試合以上あると思うと悲しくなります。
 今年の遠征で特に心に残ったのは、もうなんと言っても圧倒的に沖縄ですね。試合こそ雨天中止や惨敗など酷いものでしたが、どこをとっても東京とは違って見えるエキゾチックな風情は実に感動的でした。加えて久々の知人との再開もあり、忘れられない遠征になりました。是非また沖縄を訪れてみたいと思いますが、真夏のメットライフドームがマシに思えるくらいの尋常でない蒸し暑さだけはきついです。
 あと、5月の神戸大阪のオリックス3連戦も楽しかった。自分の誕生日である12日にほっともっとでネット裏観戦して11-0で快勝。
 その夜は美味しいものを食べて神戸に宿泊。翌日の京セラドームも勝って、試合後に「夜は短し歩けよ乙女」という京都を舞台にした映画を京都まで観に行ってそのまま京都泊。次の試合も勝って新大阪駅で牛カツを食べて帰京。試合もそれ以外も心から堪能できました。
 大阪遠征では4月にも「有頂天家族」のスタンプラリーで京都中を探索したのも楽しかったなあ。試合は連敗したけど。

 今年は殊更早く濃いシーズンだった気がします。野球が終わってしまう(まだシーズン自体は終わってませんが)のは本当に寂しい。実にやりきれない思いです。
 取り敢えずは今年からハマり始めたB3リーグの埼玉ブロンコスの試合で心を潤しつつ、来年の宮崎キャンプ遠征計画でも立てようと思います。

 ではみなさん、今シーズンもお疲れ様でした!

本日のスタジアムグルメ2017-104

一品目
和風チキンカツサンド



 鳥を食べて勝つ! ってんで購入。負けたけど。案外カツが柔らかい。でも、ケンタのチキンってなんで揃ってパサパサなのかしら。



二品目
やきとり弁当



 なかなかゲームを引っくり返せないライオンズに業を煮やして鳥追加。冷めても美味しい肉やご飯は素晴らしいけれど、さすがに今日は弁当が冷たすぎた。もう少し気温が高ければ、ずっと美味しく頂けたことでしょう。残念。弁当も試合も。